きのこわず

ポケモンクイズとかその他もろもろ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ポケモンクイズ対策講座 TOP

たとえ自分が好きな「ポケモンのクイズ」であっても、
ポケモンクイズをやっている人が出すクイズに太刀打ちできないことがあります。
それを何とかするためには両者の間にある差を埋めることが必要です。

そこで、その差を埋めようという着眼点の下で、
いろいろなトピックを取り上げて クイズに出てきそうな話や(まず出てこないのもあるけど)
何かしらの面白い話を紹介できたらいいなという想いで作成しています。

あと、ここはクイズ対策であってクイズ紹介ではないので、
ポケモンのクイズが載っているページではありません。
違うと思ったら戻るボタンを押してください。

(一応、このブログの「ポケモンクイズ集」のカテゴリーを漁ればいくらかのクイズは載っていますが)


ポケモンクイズ対策講座一覧
注意:2013年に書いたので事実関係が変わっていることがあります。

番号テーマジャンル知名度重要度
その0ジャンル分け、概要---------
その1ポケモンの雑学その他22
その2オレンジ諸島地誌アニメ22
その3映画のモチーフ、土地等映画24
その4小説「ポケットモンスター The Animation」漫画・小説12
その5漫画(ポケスペ・穴久保版以外)漫画・小説12
その6図鑑の分類ポケモン32
その7色違い(複数)43
その8楽曲ガイダンスその他34
その9ポケモンのたかさ・おもさポケモン33
その10回復系アイテムゲーム(本編)42
第1回試験
その11歴史-第1世代-(複数)43
その12続:ポケモンのたかさ・おもさポケモン23
その13ポケモン図鑑の説明文ポケモン33(4)
その13.5何人組かの人物(複数)21
その14アニメAG(前編)アニメ32
その15ポケモンの楽曲その他23
その16XYによるポケモン図鑑ネタの変更点ポケモン2---
その17ピカチュウ(複数)53
その18図鑑ナンバーポケモン22
その19フルネーム(複数)12
その20略称・別名(複数)33




ポケモンクイズ対策講座2一覧
2016年にリニューアルしたバージョンの内容になります

番号テーマジャンル知名度重要度
その0改訂版の概要---------
その1ポケモン図鑑の再論ポケモン35
その2楽曲の再論その他43




右の数値は大体このように定めていますが、
偏見だらけなので参考にしないでください。
重要なジャンルほど細かく分割して取り上げたいので
必然的に低い数値が目立つかと思われます。
数値知名度重要度
5深い内容しか問われない基本的に1問は出てくる
4深い内容の問題もしばしば出るほぼ出てくる
3深い内容が出たら、まず差がつく必ずでるとは限らないが重要
2根本のネタぐらいしか出ない問題の作成者次第では出るかもしれない
1根本をネタにしても難問になる出てくることはほぼない




スポンサーサイト

PageTop

「ポケサーとしての」ポケモンクイズの作り方

こんにちは。無事NFのクイズ関連も終わり、振り返れば3年以上
ポケモンサークルでポケモンのクイズを作っていました。
ちょくちょく学園祭のシーズンなど不定期的に他大のポケモンサークルのクイズ企画の問題を集めたり、
ポケモンクイズ系のサイトからも大規模、個人問わずいろいろ集めていたりしたつもりです。

昔「ポケモンクイズ作成講座」なるものも作っていたのですが、
今回は、できるだけ率直に今までポケモンクイズを見て思ったことや
ポケモン系のサークルとしてポケモンのクイズを作る時や解く時に考えていることを伝えたいと思います。(かなり長文になりましたが)
これを見て、ポケモンクイズを作る時やポケモンクイズの世界に入るときに役立てば幸いです。

一部、否定的な部分もありますので嫌な方は戻るを押すことを強く推奨します。



目次
「※」がついているものはやや怪しい内容の章になっておりますのでご注意ください。

1.ポケモンサークルのポケモンクイズとは?
2.半分を決めるクイズの形式
3.残りの半分を決める難易度とジャンル※
4.問題が完成したら※
5.難問を避けるために※
6.難問を作る時
7.最後に
8(オマケ).知っていると便利な体裁

続きを読む

PageTop

ポケモンクイズ対策講座2-その2-

第2回はポケモンの楽曲

あれ?前作の第15回で全く同じテーマやってない?
…とツッコミが飛びそうなのですが、
改めてあの記事を見返すと「この事項を重要扱いしているけど問題でみないよね?」
ということが多々あったので再編成してみようかな…という心持ちです。
でも、15に載っていることも覚えておくといいかもね。



はじめに

まず正直に言いますと「ポケモンの曲」というジャンルは得意不得意がかなり顕著に出るところで、
苦手な人がこれを読んで楽曲問題ばっちこーい!!…みたいなことにはなれません。

なので、まず「何を覚えておかないといけないか」
そして「そこから何をクイズ用で覚えておけばいいのか」の2点に絞って紹介したいかなと思っています。



前提で覚えておきたいこと

①OP曲ED曲に使われた曲
②映画・短編の主題歌(何の作品で使われたかも含めて)


この2つは前提で覚えないといけないことだと思います。
ちなみに使われた順番もそこそこ出てくるのでそれもひっくるめて覚えると◎
順番とかはググれば簡単に出てくると思うので各自調べてね(放棄)
ポケモンクイズ強い人は結構何でも調べて
変な発見を集めて強くなっていますので…たまには調べてください。

②はビクティニの白黒がややこしいから注意

時々出てくるのが歌手問題。
映画の長編はいろいろと出てくるので全部覚えておいた方がいいかも(これも各自(ry)
短編は逆に見ません。
OP曲ED曲では『バトルフロンティア』の高屋亜希那をよく見る印象。
全部覚えたことにこしたことはないんですけどね…。

さて問題は歌詞問題
これは正直「何度も何度も聞け」としか言いようがないので
カットしたいのですが、ちょっとクイズ作る人がちょくちょくネタにしている事項は次の章で紹介したいと思います。

ちなみに結構ポケモンの曲の歌詞問題っていろいろ調べていると
誰が正解するんだよみたいな問題が多いですね…。
アニメサイズから外れた2番の歌詞から出る問題は日常茶飯事で、
マイナー曲の歌詞をほぼ大意で完成させよみたいな問題もよく見ます…(でも僕の大好物です(^q^))


あ、あとイントロ問題は文字媒体のブログで音声の問題の話はできないのでやりません。
これこそ「聞け」
あ、でも『タケシのパラダイス』と『ポルカ・オ・ドルカ』のフルバージョンは聞いたことない人は聞いておきましょう。
両者ともに何の曲から分からないイントロで始まって、突然おなじみのメロディーになりますので。



ここから本編

歌詞問題の話ですが、
ポケモンのクイズでよく出てくる割に正答率怪しそう…と気になるのが
同じ曲に似たような文字や同じジャンルの単語が大量に出てくる曲は
クイズの歌詞問題で大人気
ということ。

冗長記事になりますが全部まとめてみました。重要そうなもののみ赤字にしています。

『めざせポケモンマスター』
冒頭「○の中」…火→水→草→森→土→雲→あの子のスカート
ちなみに歌詞中に出てくる「なか」は「○の中」が7つ×2番
「なかなか…」の部分で8つ×2番、そして「仲間を増やして」で1つの31個


『ライバル!』
歌詞の技名がらみの問題かなり見ます。
1番
ほえる、はねる、そらをとぶ、トライアタック、メガトンパンチ
うたう、ねむる、サイコキネシス、ロケットずつき、10まんボルト

2番
すてみタックル、からてチョップ、オーロラビーム、ハイドロポンプ
にらみつける、ゆびをふる、はっぱカッター、でんこうせっか

18個ですね。

『OK!』…歌詞中のOK!はAメロで4回×2番、サビで3回×2回、最初と最後に1回ずつの16回

『アドバンス・アドベンチャー』
四字熟語の問題あまり見ませんね…
1番
ユウキリンリン、ゲンキハツラツ、キョウミシンシン、イキヨウヨウ
センテヒッショウ、ユダンタイテキ、ヤルキマンマン、イキトウゴウ
2番
ココントウザイ、キソウテンガイ、ホウフクゼットウ、ワキアイアイ
ヨユウシャクシャク、タイキバンセイ、リンキオウヘン、ショシカンテツ
ポケサーのサークル内のクイズだと場所によっては
ポケモン知識と一般知識と絡めて出題!みたいなところがいるので、
ことわざの意味とか漢字で書ければ完璧!…なんですが、
それは一般常識を除けば、誰も解けないと思うし対策しないで良いと思う。


『ポケモンシンフォニックメドレー』
使われた曲とかたまに問われます。
アドバンス・アドベンチャー→チャレンジャーReady Go!→
ポルカ・オ・ドルカ→そこに空があるから→めざせポケモンマスター
メドレー曲って、これの2とかもマーチメドレーとかあるけど
それが出たら誰も解けないやつなので


『V(ボルト)』
冒頭のタイプのアレです。たまに見る印象です。
ドラゴン、ゴースト、じめん、ひこう、どく、むし、みず、でんき、いわ、くさ、あく、
こおり、ノーマル、ほのお、かくとう、はがね、エスパー、フェアリー


『ゲッタバンバン』
次の『XY&Z』含め、技名・とくせい名の歌詞問題はちょくちょく見ます。
旬だからこそ覚えておきたいかも。
技名:でんこうせっか、きしかいせい、オーバーヒート、
特性:かそく

実は1番のサビ入る前で全部出てきたりします。「こらえて」とか「ほえろ」が怪しめ

『XY&Z』
ゲッタバンバンと同様のポイントになります。特性が2番の歌詞で2つ増えます。
結構出てくる印象だけど、被っているのでこのぐらいに。
技名:ニトロチャージ、きしかいせい
特性:かたやぶり、へんげんじざい、シンクロ、しょうりのほし、ふくつのこころ


省略したのですが、
余裕があれば『Together』の用語とかや『X海峡Y景色』などのED曲に出てくる
ポケモン名とかも調べてもいいかもしれないです。
『ラッキーラッキー』『このゆびとまれ』のポケモン名(後者は技名も)
『はじまりのうた』のタイプのあたりもありますが(「ガス」とかタイプじゃないのもまじっているけど)
マイナーすぎて誰も解けなさそうなのでこれもしなくていいと思います。




雑記

・『ポケモン言えるかな?』系の最後のポケモンはそこそこ見ます。
本家の最後はオコリザルミュウだけ歌われていない
というのは有名ですが、
アレンジの『ポケモン言えるかなbaby?』では
最後はオコリザルのままですが、ミュウではなくてサイホーンが歌われていません。
その他、『ポケモン言えるかneo?』の最後はミュウ(ジョウトに絞ればニューラ、なおセレビィは歌われていません)
『ポケモン言えるかな?BW』の最後はマッギョです。
あとは『ポルカ・オ・ドルカ』のイントロは『ニャースのうた』の逆再生というネタも覚えておきましょう。

それ以外は結構ありますが、それは前作の第15回に書いていますのでそちらの方を。

PageTop

ポケモンクイズ対策講座2-その1-

やさしくないポケモンクイズの話」という会誌用の記事を載せたので
第1回は「クイズ屋っぽいポケモンクイズ」のネタから出さねばと思い、
「図鑑データ・名前」をテーマに紹介したいと思います。

ここだけの話、僕を含めてクイズ屋っぽいポケモンクイズを出す人は
大体こういうネタ出してきて「ドヤっ!( ・´ー・`)」ってしてくるので、
ここの記事を覚えておけば結構役立つと思いますよ。


・前作のその6(分類名)、その9・12(おもさ・たかさ)、その13(説明文)、その16(XYの変更点)の
要約+加筆みたいな形になると思います。なのでそちらも長いですが見ると面白い"かも"



名前
実は名前ネタはバラエティ豊かなので何とも言えないです…。
昔作った問題では「日本語名で最終進化かつ4文字以下」などその気になればいっぱい作れるので
「クイズ屋っぽいポケモンクイズ」のテーマに合うようなネタだけ紹介します。

ド定番なのは名前が回文になっているポケモン
日本語名では「キリンリキ」「ポッポ」「ピッピ」の3匹です。
英語名で回文もそこそこ出てくるので併せると
「Girafarig(キリンリキ)」「Alomomola(ママンボウ)」「Ho-Oh(ホウオウ)」「Eevee(イーブイ)」の4匹。
ちなみに英名を問う問題はイーブイがダントツで見るので「EEVEE」は覚えておきましょう。

取りあえげるまでもないと思いますが
XYで日本語名が6文字のポケモンが増えましたね。
現在は「マフォクシー」「ファイアロー」「ニャオニクス」「フラージェス」「ディアンシー」「ボルケニオン」の6匹です。
逆に2文字は「ピィ」だけですね。
五十音順に並べると最初に来るポケモンは「アーケオス」で最後が「ワンリキー」です。
関係ないですが、最初に来るのが原因でアーケオスが中間発表で15位までのぼりつめましたね…。

…じゃあ、英名はどうなの?

英名で最長は「Fletchinder(ヒノヤコマ)」で11文字
逆に最短は「Mew(ミュウ)」と「Muk(ベトベトン)」の3文字になります。
問題で出されたのを見たことはないけどポケモンクイズを
そこそこ作っている人の中では結構有名になりつつあるネタらしいので。
どこかで見るかもね。

アルファベット順では「Abomasnow(ユキノオー)」が最初
最後は分かりやすく「Zygarde(ジガルデ)」…といった感じです。

余談ですが、フランス語・ドイツ語名でも12文字はまだ出ていないようですね…。
韓国語ではエレザードが6文字だったりします。
逆にミュウとピィが1文字で全言語の中で最短記録を出しています。
ちなみにスペイン・イタリア語は全ポケモン、英名と一緒なので割愛




分類

分類ネタは鉄板と鉄板じゃないのに分かれます(当たり前ですが)
鉄板じゃないのはどうしようもないので流します。
あと、これこそ前作のその6に大量に載せているので読むことをお勧めします。

定番なのが図鑑分類が6文字のポケモン。
現在はじゅうりょうポケモンカバルドンと、みずでっぽうポケモンウデッポウの2匹だけ。

あとはシージーポケモンからバーチャルポケモンへと
唯一図鑑の分類が変わったポリゴンも有名です。
(ちなみにバーチャルは金銀以降になります)

一番多くのポケモンが属している分類はドラゴンポケモンです。
タッツー、シードラ、キングドラ、ミニリュウ、
ハクリュー、カイリュー、ボーマンダ、ヌメルゴンの8匹が該当します。

似たような分類はねずみ系統がほとんどです。
ねずみポケモンが「コラッタ」「ラッタ」「ピカチュウ」「ライチュウ」「サンド」「サンドパン」
こねずみポケモンが「ピチュー」
ひねずみポケモンが「ヒノアラシ」
みずねずみポケモンが「マリル」
まるねずみポケモンが「ビッパ」
の合計10匹です。全部覚えましょう。



重さ・高さ

大分ネック。8割方の問題は伝説とか幻、あるいは御三家とかいろいろ並べて
高い順にしろ!とか軽い順にしろ!みたいなネタが多いです。
そういう系の比較まとめは前作のその12を参照してください。
多分誰も解けないタイプの問題なので覚えなくていいと思います。


現時点での重さTOP5は以下の通り
999.7 kg:ゲンシグラードン
950.0 kg:グラードン
942.9 kg:メガメタグロス
750.0 kg:ギラティナ(アナザー)
740.0 kg:メガハガネール
わりと出てきますが、ホエルオーは398.0kgと思ったより軽いです。
逆に一番軽いのは0.1kgでフラベベ、ゴース、ゴーストの3匹。

続いて高さ編TOP5
14.5 m:ホエルオー
10.8 m:メガレックウザ
10.5 m:メガハガネール
9.8 m:ゲンシカイオーガ
9.2 m:ハガネール
逆に一番小さいのは0.1mでフラベベとバチュルの2匹。

ここには数が多いので掲載しませんが300kg以上、3m以上、0.2mのポケモンあたりに
目を通しておくともっと強くなれるかも。

ちなみにBMI1位はメガヤミラミになりました。(あの宝石だけで150kgあるみたいだしね)



図鑑の説明

ごめんなさい、これはどうしようもないし特に加筆することもないところなので、
前作のその13を参照してください。



…となります。この辺りを覚えておけば大分強くなれるかな…と思います。
余談ですが図鑑ネタは結構ネタポケまとめwikiとか読んでいると強くなれたりしますよ。

あと、サンムーンで、モクロー・ニャビー・アシマリが発表されましたね。
分類とか重さ高さに目を通しておくといいと思いますよ。

PageTop

やさしくないポケモンクイズの話

こちらは京大ポケモンサークルの会誌「ねごとvol12」で新入生用に書いてしまった書いた記事に
少し加筆したりマズイ表現をカットしたりしたものになります。

ポケモンクイズを布教しよう!というよく分からないテーマで書いたものですがもしよろしければどうぞ



 はじめまして、きのと言います!ポケモンの楽しみ方は
「何よりバトル!」「このキャラ最高!」「グッズ集めたい!」
……とまさしく十人十色だと思います。
私もイラストやポケダンなどいろいろと楽しんでいるのですが、
今回はこれまで約3年間考察していた「ポケモンクイズ」の世界の話をいろいろと話したいなと思っています。
(後半に問題をいろいろと載せたいと思いますので面倒でしたら2から読むことを強くオススメします。)



1.3つのポケモンクイズ

 ポケモンクイズはいろんな場で出ています。
例えば、ポケモンクイズ系のサイトや、クイズ投稿サイト、
そしてポケモンサークルでは他大学との交流会のイベントや学園祭(NF)などいろいろあります。
そこでいろんな人がいろんな知識を絞り出してポケモンクイズが出されているのですが、
私はポケモンクイズには次の3つに分かれていると考えています。

①ポケモンっぽいクイズ
②クイズっぽいクイズ
③わけのわからないもの


「①ポケモンっぽいクイズ」というのは普通のポケモンクイズで、
例えば「このトレーナーが使うポケモンは何?」とか「この建物の名前は何?」……みたいな感じですね。

その一方でポケモンクイズをたくさん見ていると、
ところどころで同じ問題(競技クイズで言う「ベタ問」というものですね)が出てきて、
「これ進○ゼミで見たことがある!」となることがあります。そういう「ベタ問」や、
「一番○○なもの」とか「唯一○○であるもの」みたいな一つだけしかない問題など、
まさしく競技クイズで注目されそうなものをひっくるめて「②クイズっぽいクイズ」と分類しました。

「③わけのわからないもの」は「誰が知っているのか!」とツッコミたくなるような超難問や、
正解が20個あって数個程度なら簡単に出せるけど完答しないと得点が出ないみたいな、
もう点差付くわけないでしょ……呆れてしまうタイプの問題です(私もよく作ります)

 そして、今回の記事では②の「クイズっぽいクイズ」を
次の章からいろいろと紹介したいと思います。
これを読むと、インターネットのポケモンクイズをやる時にひょっとしたら強くなれるかもしれませんし、
あるいはクイズに興味が無い人でもポケモンの雑学として知っていたら
少し自慢できたりドヤ顔決められたりするかもしれません(?)



2.覚えていると役立つかもしれないポケモンクイズ

長い筋書きはやめてポケモンの「ベタ問」だと思うものを25問載せたいと思います。
記事の最後に正解と簡単な解説を載せておきましたので
挑戦したい方は最初の問題だけ見て挑戦してみてくださいね。

Q1.アニメ『ポケットモンスター』の「たいけつ!ポケモンジム!」の回を始めとし
数々の回で大切そうに食べているシーンが登場している、
サトシのピカチュウの好きな食べ物は何でしょう?

Q2.アニメ『ダイヤモンド・パール』のポケモンリーグ・スズラン大会で
6対6のフルバトルにも関わらず、ダークライとラティオスの2匹だけで
優勝した人物は誰でしょう?

Q3.ポケモン図鑑の説明文によると、ケイコウオはヒレがある
ポケモンに似ていることから俗に「海の 何 」と呼ばれているでしょう?

Q4.人物がモデルとなったポケモンで、サワムラーがモデルになったのは沢村忠ですが、
エビワラーがモデルになった、「カミソリ・パンチ」という呼び名を持つボクサーは誰でしょう?

Q5.ズバリ、オーキド博士のフルネームは何でしょう?

Q6.小説『ポケットモンスターThe animation』ではマサラハウスという食堂を経営している設定でもある、
サトシの母親の名前は何でしょう?

Q7.ゲーム『ポケモン不思議のダンジョン空の探検隊』のスペシャルエピソード2「てんさいププリン」で
ププリンが「ししょー」と呼んで一緒に冒険したポケモンは何でしょう?

Q8.モデルはイタリアのベネチアである、映画『水の都の護神 ラティアスとラティオス』の
舞台となった街の名前は何でしょう?

Q9.一説では「磁石」を意味する英単語「magnet」を逆に読んだことが
名前の由来ではないかを言われている
、頂上に「やりのはしら」がシンオウ地方の中央にある山は何でしょう?

Q10.アニメ『ポケットモンスター』の第3話「ポケモン!ゲットだぜ!」の回で
サトシがゲットした2匹のポケモンはキャタピーと何でしょう?

Q11.ニシノモリ教授がモンスターボールの原理が発見するきっかけとなった、
与えられる薬の量が誤ってしまったために衰弱してしまったポケモンは何ででしょう?

Q12.次の7匹のポケモンに共通する最大の事項は何でしょう?
  ビリリダマ、ムウマ、エネコ、ビーダル、エンブオー、ギギアル、ニンフィア

Q13.次の4匹のうち、ポケモン図鑑の分類が異なるのはどれでしょう?
  ソルロック、ウルガモス、エーフィ、キマワリ

Q14.ゲーム『ルビー・サファイア』に登場する「すてられぶね」、元々は何と言う名前の船だったでしょう?

Q15.ポケモンの日本語名を50音順に並べ替えた時、最初に登場するポケモンはアーケオスですが、
最後に登場するポケモンは何でしょう?

Q16.ミジュマルは1つ、フタチマルは2つ持っている、
主に武器などに使われる貝殻のような形をした道具は何でしょう?

Q17.アニメ『ポケットモンスター』シリーズの主人公、サトシの英語圏での名前は何でしょう?

Q18.「てきおうりょく」「すてみ」「いしあたま」「かたやぶり」と
ニャオニクスと共に4種類の特性を持つポケモンは何でしょう?

Q19.ポケモン図鑑の記述によると、ライチュウのでんげきで気絶することもあり、
ゴースのガスで2秒で倒れてしまうと書かれている、実在する生物は何でしょう?

Q20.アニメ『ポケットモンスター』シリーズの主人公、サトシは何歳でしょう?

Q21.『赤・緑』に登場する151匹のポケモンのうち、曲『ポケモン言えるかな?』で登場しないのはミュウですが、
『ポケモン言えるかなBaby?』で登場しないポケモンは何でしょう?

Q22.増田順一の娘にちなんでつけられた名前である、
『ルビー・サファイア』のルネシティで毎日きのみをくれる女の子は誰でしょう?

Q23.曲『ポルカ・オ・ドルカ』のフルバージョンの冒頭を逆再生すると流れる曲は何でしょう?

Q24,ズバリ、ゲーム『赤・緑』の発売日は何年何月何日でしょう?

Q25.ポケモンの中で唯一、たまごグループが「タマゴみはっけん」ではないのにも関わらず、
進化すると「タマゴみはっけん」になってしまうポケモンは何でしょう?




正解
A1.ケチャップ
アニメネタでは一番見ている気がする問題。去年カゴメのケチャップともコラボしていました。
ダミーの選択肢では結構いろいろと別れていて面白いです。

A2.タクト
サトシ戦以外は全部ダークライだけで相手の6匹を倒して優勝した異例中の異例な人物。
それにしてもサトシのジュカインはよく頑張ってダークライを倒したものですね……。

A3.(海の)アゲハント
パールの図鑑説明文に書かれています。ただ「海のアゲハント」という異名がついているのは
ネオラントではなくてケイコウオです。
ケイコウオなのだと覚えておきましょう。大事なことなので2回(ry

A4.海老原博幸(松田博幸)
名前の由来ネタ。ケーシィはエドガー・ケーシー、ユンゲラーはユリ・ゲラー、
フーディンはハリー・フーディーニみたいに実在する人物からとったものも多いです(ただし、公式で明言されていません)。
あとカビゴンがゲームフリークの西野弘二がモデルとかもありますね。
明言されているのはmotorを逆さに読んだロトム+数匹程度とかなり少ないです……。

A5.オーキド・ユキナリ
ポケモンにもフルネームがいるキャラも少しだけいます。
マサキはソネザキ・マサキ、ダイゴはツワブキ・ダイゴ…というような感じです。
大半は映画のキャラなんですけどね。

A6.ハナコ
親の名前問題。タケシの母はミズホ、父はムノー、
ハルカの母はミツコ、ヒカリの母はアヤコ、セレナの母はサキ、
シトロンの父はリモーネ……ぐらいでしょうか?

A7.アーマルド
なぜかよく見る問題。ちなみにこの記事を書いた
1週間前にこのスペシャルエピソードを初めてして感動のあまり泣きそうになりました……。
やっぱり空の探検隊は神ゲーですね(クイズと関係ない)

A8.アルトマーレ
映画関連問題。なぜか映画単体ネタではラティ兄妹が人気な印象。
ラティアスの変身に利用されたカノンや、それを狙うエーフィ使いのザンナーとアリアドス使いのリオン(ザンナーが姉)
あとはアルトマーレはベネチアがモデル…ぐらい覚えておけば大丈夫…なのかな…?

A9.テンガン山
テンガン山の由来を聞いて個人的に驚きました……。
ちなみに英語を逆さに読んだものではcobraを逆さに読んだアーボックは有名ですが、
『ファイアレッド・リーフグリーン』でアンノーンが出てくるアスカナの遺跡のアスカナは「七草」から来ていて、
7つの遺跡も春の七草の名前を逆から読んだものだと知った時、えええっってなりました…。

A10.ピジョン
サトシが最初にゲットした7匹「ピカチュウ→キャタピー→ピジョン→フシギダネ→ヒトカゲ→ゼニガメ→クラブ」は
順番とともによく出てきますので、覚えておいて損はないと思います。
あまり出てこないけど、1話でオーキド博士から貰おうとしたポケモンが「ゼニガメ→フシギダネ→ヒトカゲ」の順も
ちょっと見る印象。

A11.オコリザル
衰弱したオコリザルが体を小さくしてニシノモリ教授の老眼鏡のケースの中に
入ったという偶然の発見だったそうです。
ちなみにニシノモリ教授はピカチュウの観察によってポケモンが進化することの発見や、
アニメで登場した5世はポケモン図鑑を書いた人として知られています。

A12.図鑑ナンバーが100の倍数
左から順に100,200,300…700となっています。それだけ。

A13.ソルロック
「なぜか」というぐらいこの4択で毎回ソルロックが仲間はずれにされて今います。
エーフィ、キマワリ、ウルガモスは「たいようポケモン」でソルロックは「いんせきポケモン」です。

A14.カクタス号
『オメガルビー・アルフアサフイア』ではシーキンセツになりましたね。
似たようなネタで「やけたとう」は元々「カネのとう」だったというものもあります。

A15.ワンリキー
技名では「アイアンテール」が最初で「ワンダールーム」が最後になります。

A16.ホタチ
ちなみにダイケンキも剣のような武器を使いますがあれは「アシガタナ」というそうです。

A17.Ash (Ash Ketchum)
クイズには出てこないと思いますがタケシはBrock、カスミはMisty、
ロケット団のムサシとコジロウはそれぞれJessieとJamesとつけられています。
英語版ではサトシにもフルネームがありますが、日本語版では聞かないことからお察しの通りありません。

A18.バスラオ
4つの特性のネタで、何かと高頻度で問われることがあります。
ニャオニクスはバトルでもそこそこ使われるからとかであまり見たことが無いです…。

A19.インドぞう
小説版のポケモンでは、新ポケモンが発見されるたびに既存の生物が姿を消すという少し怖い設定もあるので、
まだインド象が姿を消していなかった時なのでしょうか…?

A20.10歳
何年冒険しているかって…?その話はやめようか(※19年)

A21.サイホーン
『ポケモン言えるかなBaby?』という曲では前半はずっと『ポケモン言えるかな?』のアレンジです。
最後だけ順番がバラバラに読まれてしまいます。そこでしれっとミュウが出てくるんですよね。
そしてサイホーンはバラバラになる前にしれっと飛ばされています。

A22.キリ
ちょうど『ルビー・サファイア』が発売する数か月前に生まれたそうです。

A23.ニャースのうた
「あおいあおい静かな夜には」の部分が逆再生で入れられています。
個人的にフルバージョンのイントロで聞いてほしいのは『タケシのパラダイス』。
突然あの軽快なリズムが始まるので聞いたことがない方は是非(?)

A24.1996年2月27日
少し前ちょうど20周年でしたね!
1年前は難問かな…とかで認識していたのですが今年入ってから20周年もあり結構な回数見ています。
ちなみにアニメの第1話が放送されたの1997年4月1日です。

A25.ニドラン♀
ニドラン♀は「かいじゅう/りくじょう」なのにニドリーナとニドクインは「タマゴみはっけん」になります。
一説では子どもを守り戦うために繁殖できないという設定だそうです。
オマケだけど、3~5世代限定でルリリがマリルに進化すると♀から♂になるという小ネタも同じぐらい見ます。



3.最後に

 さて、今回ポケモンクイズの世界について軽く説明させていただいてから、
問題をいくつか紹介しましたがいかがだったでしょうか?
後半の問題は難しい問題も多いので過半数の13問でも正解したらかなりすごいと思います。
ベタ問とかそんなこと言わなくても、ポケモンのクイズは筆記用具とかがあれば気軽に楽しめますし、
また解くのではなくて逆に問題を作るのも、まだ見たことのないポケモンの一面を見ることができて楽しいですよ。




…というわけで布教終わりです。
ここからは完全駄文ですが、

実際、人によって出すクセみたいなのがあって本当に面白いです。
細かく見たら問題文の体裁や出題ジャンルの違いがあるのですが、
それよりも人によって味が出ていて面白い所は
どういう形式でやっているのかというもの。
センター試験風や期末試験風、アタック25風などなど
ブログの報告記事を見ているだけで楽しそうなものがいっぱい出てきます。

今回ポケモンクイズでの「ベタ問」という話をしましたが、
競技クイズの業界とは違って不思議な現象だったりします。
競技クイズでは「よく出ているから出そう」とか「過去に出て印象深いから出そう」
あるいは「ベタ問だから出そう」みたいに実際に出たから出している場合があるのですが、
ポケモンではそんなベタ問のデータベースもないのに
なぜかよく出てくる」ことがしばしばです。

ちなみに、絶対いないと思いますが
この記事を見て、「よーし!ポケモンクイズやってみよう!」という人に少しアドバイスを。

ベタ問とかのネタ集めははっきり言って難しいですが、
一番確実なのは「いろんなポケモンクイズを見る」に尽きます。
このブログにも癖はありますが結構な数の問題がありますのでぜひぜひご覧ください。
具体的なサイト名は挙げられませんが、ポケモンサークルの交流会や学園祭、新歓の記事、
クイズ投稿系サイトなどが狙い目ですよ。あとは現地まで赴くという気合技も。
それ以外にもポケモンの雑学系をいろいろ調べて見るだけでもクイズに強くなれたりしますので…

やっている人口が少ないからこそ、触ってみると
わりと簡単にヒーローになれると思いますよ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。