きのこわず

ポケモンクイズとかその他もろもろ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

20mシャトルランが永遠に続けば…(ネタ記事)

スポーツテストの時期となりましたね!(正しくは「まだマラソン大会の時期」)
20mシャトルランという種目がありますが、
インターネットで落ちている音源と表を見ると
どれもレベル21の247回までしかありません。

音源を元にBPM等を考察していろいろと考えてみました。
長いので結論だけ書いておきますと、
レベル1は1分あたりの電子音は60回、
レベル2は67.5回、
それ以降は3.75回ずつ増えていきます。
つまりレベルn(n≧2)で(60+3.75n)回ということになります。

次におよそ1分ごとにレベルが上がると言われていますが、
各レベルの回数は、1~3回レベルが上がるたびに増えていき
法則性がぱっと見た感じでは分かりません。
しかし、各レベルの時間を見てみるとどれも60秒を少し超えていることから
終了時にそのレベルが始まって60秒経っていたらレベルアップと言えます。
このことから
(60+3.75n)/9の整数の部分に1足した数がレベルn(n≧2)での回数と言えます。
(レベル1の時は7回)
ちなみに時速換算で行くと8km/h、9km/h、9.5km/h、10km/h…と
最初を除き0.5km/hずつ上がっているのが分かります。

さて、これを50m走のタイムに換算すると
レベル12で100kmマラソン
レベル25でフルマラソン
レベル27でハーフマラソン
レベル30で10000m走
レベル32で5000m走
レベル39で1000m走
レベル41で800m走
レベル51で400m走
レベル59で100m走の世界記録のスピードに相当します。

ここでボルトならレベル59も行けるね♪と思った君!
そうあなたです。
レベル58の時点で1130回走っていることになり、
22.6kmとハーフマラソンを走り終えた状態からスタートするから無理です。
(というかそもそもターンありますし)

え?続きの音源作れ?
嫌です。面倒です。

記録用紙はレベル40まで作ったので変人は使ってみてください!(需要なし)
超人向け20mシャトルラン記録用紙

追記:計算式がおかしかったので修正(5/3)

追記:この記事の作成者は高校時代に50数回しか走れませんでした。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。