きのこわず

ポケモンクイズとかその他もろもろ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ポケモンクイズ対策講座2-その1-

やさしくないポケモンクイズの話」という会誌用の記事を載せたので
第1回は「クイズ屋っぽいポケモンクイズ」のネタから出さねばと思い、
「図鑑データ・名前」をテーマに紹介したいと思います。

ここだけの話、僕を含めてクイズ屋っぽいポケモンクイズを出す人は
大体こういうネタ出してきて「ドヤっ!( ・´ー・`)」ってしてくるので、
ここの記事を覚えておけば結構役立つと思いますよ。


・前作のその6(分類名)、その9・12(おもさ・たかさ)、その13(説明文)、その16(XYの変更点)の
要約+加筆みたいな形になると思います。なのでそちらも長いですが見ると面白い"かも"



名前
実は名前ネタはバラエティ豊かなので何とも言えないです…。
昔作った問題では「日本語名で最終進化かつ4文字以下」などその気になればいっぱい作れるので
「クイズ屋っぽいポケモンクイズ」のテーマに合うようなネタだけ紹介します。

ド定番なのは名前が回文になっているポケモン
日本語名では「キリンリキ」「ポッポ」「ピッピ」の3匹です。
英語名で回文もそこそこ出てくるので併せると
「Girafarig(キリンリキ)」「Alomomola(ママンボウ)」「Ho-Oh(ホウオウ)」「Eevee(イーブイ)」の4匹。
ちなみに英名を問う問題はイーブイがダントツで見るので「EEVEE」は覚えておきましょう。

取りあえげるまでもないと思いますが
XYで日本語名が6文字のポケモンが増えましたね。
現在は「マフォクシー」「ファイアロー」「ニャオニクス」「フラージェス」「ディアンシー」「ボルケニオン」の6匹です。
逆に2文字は「ピィ」だけですね。
五十音順に並べると最初に来るポケモンは「アーケオス」で最後が「ワンリキー」です。
関係ないですが、最初に来るのが原因でアーケオスが中間発表で15位までのぼりつめましたね…。

…じゃあ、英名はどうなの?

英名で最長は「Fletchinder(ヒノヤコマ)」で11文字
逆に最短は「Mew(ミュウ)」と「Muk(ベトベトン)」の3文字になります。
問題で出されたのを見たことはないけどポケモンクイズを
そこそこ作っている人の中では結構有名になりつつあるネタらしいので。
どこかで見るかもね。

アルファベット順では「Abomasnow(ユキノオー)」が最初
最後は分かりやすく「Zygarde(ジガルデ)」…といった感じです。

余談ですが、フランス語・ドイツ語名でも12文字はまだ出ていないようですね…。
韓国語ではエレザードが6文字だったりします。
逆にミュウとピィが1文字で全言語の中で最短記録を出しています。
ちなみにスペイン・イタリア語は全ポケモン、英名と一緒なので割愛




分類

分類ネタは鉄板と鉄板じゃないのに分かれます(当たり前ですが)
鉄板じゃないのはどうしようもないので流します。
あと、これこそ前作のその6に大量に載せているので読むことをお勧めします。

定番なのが図鑑分類が6文字のポケモン。
現在はじゅうりょうポケモンカバルドンと、みずでっぽうポケモンウデッポウの2匹だけ。

あとはシージーポケモンからバーチャルポケモンへと
唯一図鑑の分類が変わったポリゴンも有名です。
(ちなみにバーチャルは金銀以降になります)

一番多くのポケモンが属している分類はドラゴンポケモンです。
タッツー、シードラ、キングドラ、ミニリュウ、
ハクリュー、カイリュー、ボーマンダ、ヌメルゴンの8匹が該当します。

似たような分類はねずみ系統がほとんどです。
ねずみポケモンが「コラッタ」「ラッタ」「ピカチュウ」「ライチュウ」「サンド」「サンドパン」
こねずみポケモンが「ピチュー」
ひねずみポケモンが「ヒノアラシ」
みずねずみポケモンが「マリル」
まるねずみポケモンが「ビッパ」
の合計10匹です。全部覚えましょう。



重さ・高さ

大分ネック。8割方の問題は伝説とか幻、あるいは御三家とかいろいろ並べて
高い順にしろ!とか軽い順にしろ!みたいなネタが多いです。
そういう系の比較まとめは前作のその12を参照してください。
多分誰も解けないタイプの問題なので覚えなくていいと思います。


現時点での重さTOP5は以下の通り
999.7 kg:ゲンシグラードン
950.0 kg:グラードン
942.9 kg:メガメタグロス
750.0 kg:ギラティナ(アナザー)
740.0 kg:メガハガネール
わりと出てきますが、ホエルオーは398.0kgと思ったより軽いです。
逆に一番軽いのは0.1kgでフラベベ、ゴース、ゴーストの3匹。

続いて高さ編TOP5
14.5 m:ホエルオー
10.8 m:メガレックウザ
10.5 m:メガハガネール
9.8 m:ゲンシカイオーガ
9.2 m:ハガネール
逆に一番小さいのは0.1mでフラベベとバチュルの2匹。

ここには数が多いので掲載しませんが300kg以上、3m以上、0.2mのポケモンあたりに
目を通しておくともっと強くなれるかも。

ちなみにBMI1位はメガヤミラミになりました。(あの宝石だけで150kgあるみたいだしね)



図鑑の説明

ごめんなさい、これはどうしようもないし特に加筆することもないところなので、
前作のその13を参照してください。



…となります。この辺りを覚えておけば大分強くなれるかな…と思います。
余談ですが図鑑ネタは結構ネタポケまとめwikiとか読んでいると強くなれたりしますよ。

あと、サンムーンで、モクロー・ニャビー・アシマリが発表されましたね。
分類とか重さ高さに目を通しておくといいと思いますよ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。