きのこわず

ポケモンクイズとかその他もろもろ。

超ポケダン終わりました!(感想・ネタバレあり編)

この記事はEDまでの話を思いっきりネタバレしていきます
なので、未クリアで嫌な方はネタバレ回避編か、戻ることを推奨します。


先日「ポケモン超不思議のダンジョン」がエンディングまで行きましたので
半分ぐらい感想文として書かせていただきます。
えーっと、すごいネタバレ記事なので以下追記で。

続きを読む

PageTop

超ポケダン終わりました!(感想・ネタバレ回避編)

いろいろありましたが、無事『ポケモン超不思議のダンジョン』が終わりました!!
おわり

メインストーリーがひとまず終わったので感想を書かせていただきたいと思います。
あと、公式の発売前情報はネタバレしても良い前提で行きますのでご了承ください。



0.ポケダンがやってきた!

今回、予約はポケモンセンターで済ませて宅配してもらいました。
気になるのはいつ届くか。ダウンロード組は前日の夜10時からできるし、
近くのゲームを取り扱っているお店で買うのなら朝10時。
いつ届くのかとわくわくしつつbotを作っていたら朝8時45分ぐらいにきました。

早い!心の準備できてない!

…なんて思いましたがわくわくしながら開封し早速プレイしました。
確かORASも割と早い時間に届いたので、ダウンロードはしたくないけど
早くプレイしたい方にはオススメです。予約特典もありますし。
(おそらくポケモンZもポケセン予約しますね…。)



1.初めてのポケダン

実は、バーチャルコンソールの冒険団シリーズを除くと、今作が初めてのポケダンでした。
ポケモンのクイズを扱っている以上、よく「ししょーがアーマルドで…」みたいな話とか
過去作の名言とか「決戦!ディアルガ」が良いとかいろんな噂はよく聞くのですが、
人間の主人公がポケモンになるという体裁のポケダンには全く触っていませんでした。

……というわけで数少ない知識の中で一番わくわくだったのは「性格診断」でした。
twitterの音ゲー垢のアイコンがツタージャだから、ツタージャだったら
話のタネになるなぁと思いながら、至極真面目に選択
(途中で、これツタージャっぽくないなぁと思いながら選択していました)

何事があっても動じないけどカリスマ性はあるね(大意)と言われて
選ばれたのはナエトルでパートナーはリオルに。

空ダンの仕様では各設問にこの選択肢を選ぶとある性格が加点されて
最終的に一番高い性格に該当するポケモンが選ばれるという仕様なんですね。
ずぶとい…そうですか…。自覚はあるけど…。


ちなみに、「それでよろしいですか?」の質問で「いいえ」を選ぶと自由に選び直すことができます。
パートナーもタイプが被らない範囲で選べました。

超私情ですが、普段絵とかを描くときに自分を
何のポケモンに落とし込んだらいいのかとちょくちょく悩んでいたので
せっかくならここで決めちゃおう!という裏もありました。
でもナエトルじゃ四足歩行だし少し描く表現の幅狭まらない?
…なーんて思いましたが妙にしっくりきたので

結局、選ばれたままにナエトル&リオルでゲームスタート。

ストーリーとかはネタバレなのでやめておきます。



2.難易度
今回発売初日に、超ポケダンを買った数人で集まって、ほぼ1日ずっと遊んでいました。
で周りは経験者でもあるのでサクサクと進めていましたが、
みんな言っていたのが「今作ムズない?」と。

僕は初心者でしたので、あまり過去作のこことこう違うと的確には言えませんが難しいです。
冒険団との比較になってしまいますが、わりと技でゴリ押す戦略だけではやはり痛い目に遭いましたね…。

難しいと言われている原因が、レベルとステータスのあがりにくさかなと思います。
本編ならレベルが上がれば割と好転しやすいのに対して、
超ポケダンはレベルを上げてもダメな相手にはダメでしたので、
とにかく低レベルでもアイテムと運を上手く駆使して
突破する能力
が求められている印象でした。

そのためふっかつのタネが枯渇する現象になんども見舞われました。
今作も遠征と呼ばれる数ダンジョンを連続で繰り返す部分がありましたが、

ペリッパー島から好きなタイミングに好きなだけ遊べて、
手に入れたアイテムはアイテムボックスに送れるので、
それを知っているとクリアはぐっと楽になるかもしれません。
あと、シリアルコードが出回っているからそれを打ちこみまくるだけでも楽できるかも。

またストーリー中盤ぐらいから3匹で冒険することが多いのですが、
ストーリーのキャラとか、仲間になったポケモンが、
主人公やパートナーと比べて段違いに強いので基本はそのポケモンにまかせっきりになりました。
救済システムなのかな…?




3.ネタバレにならない程度にストーリーの感想

「ポケダンは感動できる!」
…なんて聞いたことありますが、
ドキドキはしたものの感動要素も特になく、泣いていません…。

あれ…でも、ラスボス撃破ぐらいから、笑っている余裕がなくなって
言葉にできない感情が込み上げてきてスタッフロールの画面が二重にも三重にも見えた気がしますね…。

はい、普通に深夜一人泣きしていました。感動要素あります。

あえて言うのなら、公式情報では伝説・幻のポケモンを巻きこむ最大級のスケールを謳っていましたが
確かにいろいろと出てきました…が、出すぎて少しコテコテしていた感じがありましたね…。
元から伝説・幻は安易に出してはいけないと思っている硬派なのもあるんですが。

裏を返せば臨場感はなかなかすごいです。

あと、とにかくこのゲーム伏線がいっぱいありますので、
最後のネタバラシで振り返ってくれるところは振り返ってくれますが、
全部は振り返らないのでしっかりと細かいセリフも要チェックして遊ぶとより一層楽しめると思います。
本当、終盤は「えっ!そうだったの!?」とか「そうなのか~やられた~」の連続でした。

ストーリーとは関係ありませんが、妙にこのゲーム、不思議に思うぐらい
過去作のネタが多かったです。キャラクターの過去の設定とかはもちろんのこと、
さりげない所にオマージュか何かかなと思わせるセリフもところどころあったので
経験者ほどニヤリとなる要素が多いです。

とっても良いゲームでしたが、本当に集大成という感じだったので
「これで最終作!」みたいには絶対にしてほしくないんですけどね…。




4.最後に
この記事を書く際に、超ポケダンの公式サイトのナエトルがかわいいという噂を聞き見ましたが、
ずるいぐらいかわいかったです。やばい。
720種類のポケモンが勢ぞろい! | 『ポケモン超不思議のダンジョン』公式サイト

PageTop

ポケモンクイズ大会「メロンパン杯」のお知らせ


記録集公開しました!「こちら」からどうぞ(2016/1/17)



7月5日にポケモンオンリーのクイズ大会「メロンパン杯」を開催したいと思います!!
できるだけいろんな形式でポケモンの純知識を競うという
コンセプトで盛り上げていきたいと思っています。
年齢制限とか所属とか特に制限はありませんので
是非参加してください!



①基本情報

開催日:7月5日(日)
時間:11時~16時(前後の予定)
集合:京阪本線出町柳駅改札前に10時半or現地集合なら10時50分
場所:京都大学文学部新館 第一講義室
必要なもの:筆記用具、ポケモンの愛と知識、(名札(あれば))
定員:なし
参加条件:特になし(しいて言えばポケモンが好きであること)
参加費:300円(現地で回収します)


②出題される範囲

ポケモンに関する公式的に発表しているものは全部と思ってください。
ここのブログで「ポケモンクイズ対策講座」に出ているネタが基本的に出題範囲です。
ゲームやアニメ、音楽や漫画、グッズなどからの出題に加え、
ポケモンの名前が付いている学術的なことからも正式に言われているものなら出す予定です。
逆に種族値などの内部数値に関わるものや、都市伝説やネットでのスラングなどの
正式な見解や発表、使用などの無いものからは直接的に答う問題としては基本的に出しません。

ただし、後述の予選後半戦のコースε「リサイクル」からは内部数値に関わる問題が1~2問程度出題される可能性があります。



③大会の流れ
あまりにも長いので別の記事に書きました。なのでそちらでご確認ください。



④注意事項
早押しクイズでのルール
基本的に解答権は1問につき最初に押した1人のみとなります。
ボタンを最初に押して解答権を獲得した人は5秒以内に答えを言ってください。
その答えが間違っている、あるいは時間内に解答がない場合は誤答とします。
また、解答が正解にも不正解にもできないような場合は「もう一度お願いします」と言いますので、その時は改めて別の解答を言ってください。
また、答えが聞き取れなかった場合、「聞こえませんでした」と言いますので、同じ答えを言い直してください。
問題文を読み終えて3秒経っても、正解が出なかった場合は「スルー」とし、次の問題に移ります。
日本人や韓国、中国人の名前はフルネームで答えてください。西洋人の名前はファミリーネームのみで構いません。芸名や愛称、四股名などがある場合はそれでの解答でも構いません。

本大会では「大会記録集」を作成する予定です。
なので、参加した場合どの問題に正解したのかなどが載りますのでご注意ください。

またあまりいないとは思いますが、大会記録集を参加者に後日配布することもできます。
(参加費に加えて400円かかるのでご注意ください。)
基本的には当サークルの平常活動に来ていただき渡す形になりますが、
会場から遠く受け取れない場合、郵送も承ります(送料などはこちらが負担します)
その場合、会場で本名と住所を聞くことになりますのでご注意ください。

↑P.S.誰もいなかったため一般公開させていただきました。

早押しクイズをする予定ではありますが、早押し機は持っていません。
なので、当日は電卓などの代用品かスマートフォンのアプリなどを使って行う予定です。
そのため、早押しボタンを押したいと期待はしないでください。

〆切り時点で参加者が5名以下の場合、本大会は行われません。
記録集も作りません。その場合は参加者全員で全コース脱落とか無しにゆったりとする予定です。

追記:6/30現在7名承っていますのできちんと開催します。

ユクシーはメロンパンではありません
歌の某プリンスのメロンパン杯とも関係ありません(偶然かぶっただけ)




⑤参加方法

参加希望の方は7/1(水)7/3(金)まで本記事にコメント欄に「名前(HN)」「好きなポケモン」「一言」の3点を書いてください。
(記録集が後日欲しい人はその旨もお願いします。)
追記:現在の参加者は全員確認済みなのでそのままで構いませんが、
あと、私のtwitterアカウント(@putitai)をフォローしていない方と
フォローしているしていないに関係なく、本来使用しているHNとは別の名前で申請したい方は
twitterのIDも載せていただけると助かります。(twitterのアカウントがない場合は構いません)(6/30)

見学参加したい方は見学する旨を書いていただければHNのみで構いません。(見学者の参加費は無料です)

気になることや参加の取り消しなどがありましたらここのコメント欄か、主催者である、
きののtwitterアカウント(@putitai)などでお願いします。

PageTop

水面下のお知らせ

実は近々にポケモンのクイズ大会(クイズオフ)を開きたいと思います。
ルールや内容に関しては2割ぐらい、問題に関しては1問もできていませんので詳しくは後日ちょくちょくと発表します。
出題範囲はここのブログのクイズ対策講座とかここにあげているクイズ集と似たようなものが基本的に出されます。
難問も入れたいけれど、基本的には中ぐらいの難易度でやりたいですね…中ぐらいに。

PageTop

ポケテレでAGの再放送が終わったから振り返る

毎週日曜の朝欠かさず見ているポケテレ…(いや、今朝寝落ちていた)

いつも前半はポケテレ・ザ・アニメーションでアニメの再放送をやっています。
ORAS発売記念に10月からAGの再放送が行われてきました。

しかし放送されたのは以下の134話中で17話のみ。

10月
1話 新たなる大地! 新たなる冒険!!(ハルカ登場)
3話 トウカジム! VSヤルキモノ!(マサト登場)
4話 スバメがいっぱい危険がいっぱい! トウカの森でゲットだぜ!!(タケシ復活&スバメget
6話 ロケット団! みだれひっかきでサヨウナラ!!(感動回/アーボックとマタドガスとの別れ/サボネアget

11月
7話 キモリの森! 巨大樹を守れ!!(キモリget)
12話 ハスボーとフラワーショップの三姉妹!(ハスボーget)
(ここでORAS発売)
14話  ダブルバトルとダブルでケムッソ!?(ハルカとムサシがケムッソget)
16話 カナズミジム! ノズパスの秘密兵器!!(1番目のジム)

12月
24話 走れサトシ! キバニアの川を越え!(カラサリスとマユルドに進化)
25話 秘密の池! ミズゴロウがいっぱい!!(ミズゴロウget)
28話 アゲハントとドクケイル! 進化の果てに!(アゲハントとドクケイルに進化)
(30話に2番目のジム戦)

1月
33話 ハルカにライバル! 特訓ポケモンコンテスト!!(シュウ初登場)
35話 ハルカ! ポケモンコンテスト初挑戦!!(コンテストカイナ大会)
39話 歌う! ポケモンからくり屋敷!!(プリン再登場)
(ここで3,4番目のジム戦が飛ばされる)

2月
64話 チルットの空! ハルカの心!!(感動回)
66話 一触即発! バクオングVSジュプトル!!(ジュプトルに進化)
(ここで5~7番目のジム戦が飛ばされる)
109話 ラルトスを救え! 急げマサト!(感動回)

この感じだけを見ると話が一気に飛び始める39話までは
大体のゲット回、進化回など主要回を取っている感じですが、(※1)
最後3回だけ見ると打ち切ったのかと思えるような選択に見えます。
(でもなぜジュプトルを選んだのか謎だけど。)




じゃあ、自分ならこの全17回で何を放送するか
…というものを勝手に局長になったつもりで考えてみます。


全体を見るとアーボック&マタドガス、チルット、ラルトスのAG前半の三大感動回を入れているので
"大きなお友達"世代を狙った定番回は狙った方がよさそうです。

でも、ポケモンのメインターゲットの一つは小学生低学年。(※2)

それなりに面白い回も欲しいし、欲張ればホウエンの特色が分かるような回も入れたいです。

本当はアニメのストーリーの筋を追いたいですが、
それをやるとジム戦コンテスト回が大半を占めて17話に収まらないので諦めました。
またポケテレの感じからマグマ団、アクア団回も全然していないし、
結構AGで扱いが適当だったのでカットします。

まずは10月から。

10月5日 第1話 新たなる大地!新たなる冒険
10月12日 第4話 スバメがいっぱい危険がいっぱい!トウカの森でゲットだぜ!!
10月19日 第6話 ロケット団!みだれひっかきでサヨウナラ!!
10月26日 第7話 キモリの森!巨大樹を守れ!!


このあたりはポケテレとほぼ一緒です。
正直センリ再戦の回に時間が回せないしマサト登場をでかでかと扱う気もないので
マサトはいつの間にか登場した子にしておきます。
一応第4話冒頭で大体どういうキャラか分かるのもあるけど。
キモリはなかなか筋が通った名回なので残しておきます。感動要素少し濃いかな。

続いて11月。

11月2日 ActⅠ再放送でお休み
11月9日 第13話 ポケモンコンテスト!アゲハントの華麗なバトル!
11月16日 第14話 ダブルバトルとダブルでケムッソ!?
11月23日 第33話 ハルカにライバル!特訓ポケモンコンテスト!!
11月30日 第35話 ハルカ!ポケモンコンテスト初挑戦!!


ORAS発売が21日。そこで13話でコンテストの概要を、14話でダブルバトルの回を流して
RSで出た要素を見せていきます。コンテスト関連を詰めますが、33話のシュウとの出会いを見せて
35話でコンテストの本番の回をやって完結させておきます。
ダイゴ回(22話)もやりたかったけど、ActIIが放送されてそこで登場したので
キャラが変わるとややこしいし放送しません。
本当はすてられぶねの回もやりたかったけど、シーキンセツになったからなぁ…

折り返しの12月

12月7日 第39話 歌う!ポケモンからくり屋敷!!
12月14日 第43話 飛べ、タツベイ!明日にむかって!!
12月21日 第57話 パッチールがいっぱい!幸せさがして山の彼方に!?
12月28日は再放送はなし


最初でキャラの導入、コンテスト、ダブルバトルの話など基本をほぼ全部詰め込んだので
ここからはストーリーの細かい筋を除いて面白い回とか名回を詰め込んでいきます。
ポケテレと同じくからくり屋敷は入れます。無印再放送があったのでプリンが出てくるつながりとかありますし。

年が明けて1月

1月11日 第64話 チルットの空!ハルカの心!!
1月18日 第75話 対決!巨大ナマズンと釣り名人!!
1月25日 第80話 初挑戦!空中競技・ポケリンガ!! 


チルットの回を流した時点で実際のポケテレはあと2話分となりましたが、こちらはまだ5話あります。
ナマズンはなかなか面白い回なので入れておきます。
バトル要素…という訳ではないけど、スバメがオオスバメに進化する回でもあるのでポケリンガを入れました。

そしてラストの2月

2月1日 第89話 ピカチュウ、ロケット団に入る!?
2月8日 第104話 巨大ネンドールを封印せよ!!
2月15日 第109話 ラルトスを救え!急げマサト!


鉄板になりそうな89話を放送し、巨大ネンドールのギャグ回を入れます。
ナスのサトシとコジロウとか面白いですし。で、最後にラルトス回で締めくくります。

え、あと24話残ってるじゃん…
と言われそうですが、ラルトス回が最後でいいかなとは思っています。
今回の方針ではスピードコースでしたので
アダン戦、コンテストキナギ大会、グランドフェスティバル、ポケモンリーグサイユウ大会が
大半を占めており、残った普通の回は
112話 マッスグマ!友情のカタチ!?
113話 まぼろし島のソーナノ!
114話 ころがれ!恋するドンファン!
117話 ハルカデリシャスで、ゴンベGETかも!!
124話 サバイバルでいこう!
133話 オーキド研究所!全員集合!!
の6話だけ。
しかも、まぼろし島はリメイクの仕様変更がある上に、
ゴンベ回で終わらせると中途半端な終了に。
オーキド研究所とかは本当に最後の方の回ですが、
ロケット団が「ポケモンサンデー」に変装するので没
で、残った3話もラルトスと比べるといまいちパッとしない感じ…。
という訳でラルトス回でAGを締めくくるという流れになります。


ちなみにポケモンサンデーでも2007年の途中ぐらいから1年強かけて
AG前編を追いかけていた時期がありました。(※3)
やっぱり60話ぐらいあると充実した内容にはなるし、
何よりも22日からXYの再放送が始まると考えるともうちょっとゆっくり流すべきなのかなと思いました。

…というかXY再放送するということは完全に最新世代で固める方針になるということだね。
ひょっとして最新世代に優しくするための配慮なのか…。












(※1)でも、こぼしている回もありますよ。ハブネークゲットした回(8話)、トウキのジム戦(20話、31話)、ダイゴ登場(22話)、
ヘイガニゲットした回(23話)とか。
(※2)任天堂カンファレンス2010の社長講演の記録でポケモンのプレイ層を見ると大体小学生低学年と大学生がピークと分かります。
(※3)ちなみに放送目録を見るといきなり第9話 怪奇!キノココ屋敷の謎!? からスタートしてポケモンリーグを除いて
ジム戦、コンテスト、マグマ団&アクア団関連といった主要回を放送していません。
最初にも書いたとおり、ポケテレは主要回を狙う感じの放送メインと考えるとこの辺りにも対比が取れそうですね。

PageTop